中文 ENGLISH 日本語
会社事務室電話:15723066607
営業部電話:023-68908960
外貿部電話:023-61589518
メールアドレス:a68901029@vip.163.com
郵便番号:400084
アドレス:重慶市建橋工業園(大渡口区)建橋大道7号
秋田年代記
HOME > 秋田へ > 秋田年代記
1,2010年、五羊ー本田オートバイ(広州) 有限公司から09年度良質のサービスブロバイダ賞に選ばれました。
2、2010年1月15日、中国党建研究会常任副会長郑科杨一行と重慶市委員会常任委員、組織部部長陈存根と共に、秋田への関心を持ちながら、党建事業を視察してくれました。
3,2010年1月28日、重慶市における工業経済化と情報化という会議で、重慶市市政府から私企業会社前50社賞に選ばれ、重慶市工業経済かと情報化委員会から技術革新に於け優秀な会社賞にも選ばれました。
4、2010年2月1日、秋田で第一回社員代表大会第三回全体会議を行いました。
5、2010年2月11日,秋田で2009年度社員表彰式と2010年春節を迎えイベントを行いました
6、2010年,大長江グループから質量に於け優秀な会社賞に選ばれ、広州(大運、大陽)オートバイ有限公司から優秀なブロバイダ賞に選ばれました。
7、2010年,社長は重慶市から優秀な党建の友に選ばれました。
8、2010年3月11日、中央組織部一行と重慶市委員会副部長である杜和平と、両新工人委員会副書記である别和と、大渡口区委員会常任委員でありながら、組織部長でもある张国忠と共に、秋田の現場に来られ、秋田の党建事業を実施した項目を視察しました。
9、2010年3月21日、秋田は社員を呼び集め、中梁山での山火事の救援活動をしました。
10、2010年4月23日、秋田は技術センタ能力建設という項目に検収済みであた。
11、2010年4月、秋田は20万元を自信災害地であった青海玉树に寄付しました。
12、2010年6月12日,大渡口区“秋田杯”で秋田バスケットグループの男子組が第一位、女子組が第三位に入賞しました。
13、2010年6月15日、日本本田本部大山専務はいらっしゃいました。そのおかげで、秋田と本田がお互いによくしり、秋田の名を世に示し、それは目当てに国際市場に躍り出たの土台となりました。
14、2010年7月19日、秋田は知的所有権委員会を設立しました。
15、2010年7月、秋田党員ボランティアグループは大渡口区委員会組織部からベスト10ボランティアグループに選ばれました。
16、2010年7月4日,秋田党員委員会は綦江丁山湖で創先争優大会を行ないました
17、2010年8月20日,秋田合唱団は重慶テレビが行った红歌テレビ大会に参加しました。
18、2010年8月10日,秋田標準化委員会を設立しました。
19、2010年9月5日、重慶市委員会常任委員の組織部部長である陈存根は秋田で創先争優活動を実施状況を視察しました。
20、2010年9月8日、重慶市両新委員会が主催した創先争優大会は秋田で行ないました。
21、2010年9月,秋田は重慶市私立会社業界の唱読講伝というイベントに参加し、二等賞に入賞しました。
22、2010年9月30日,精密な生産を習いと推進するため、青山会社の支援と指導とともに、秋田本館の会議室で精密な生産製造項目が起動しました。
23、2010年10月12日、秋田は「緑化長江、重慶行動」という大規模な福祉活動に参加し、長江両側に樹木を植えため、50万元を寄付しました。
24、2010年10月21日,四川省と重慶地域にある五羊ー本田のブロバイダである各会社の品質管理担当たちが秋田で研究大会を行ないました。五羊ー本田の副総経理である禅院敏臣、供応部部長李晓白、品質保障部部長梁明、秋田常務副総経理李登平及び各ブロバイダの代表たち約50人出席しました。研究大会は品質管理を中心として検討し、それに、年度実施計画とNWH活動の展開状況を展示しました。
開発製造
Search Site
Copyright© 重慶秋田ギヤ有限責任公司
アドレス: ウェブサイトのレコード番号:渝ICP备09013517号-1